ネット宝くじのおすすめ一覧!当選確率や当選金額の比較まとめ

宝くじ売り場に女性店員がいる画像 宝くじ全般

こんにちはルーキーです!

あなたはネット宝くじって知っていますか?

インターネットで購入出来る宝くじのことですが、まあ知らないうちに色々な宝くじがネットで購入出来るようになっていましたね。

そこで、この記事ではネット宝くじのうちで、

  • 当選確率の高いくじ
  • 当選金額の高いくじ

これらについて比較検討しておすすめ出来るものをランキング形式の一覧にまとめました。

ぜひ参考にして、あなたの好みに合ったネット宝くじを見つけていってください!

スポンサーリンク

ネット宝くじのおすすめ一覧!当選確率や当選金額で比較してみた!

宝くじについて全国どこからでもインターネットで購入出来るものの中から当選確率の高いくじと当選金額の高いくじについて比較調査してきました。

各ジャンボ宝くじ(ミニなど含む)については2019年の当選金額や確率をもとに比較しています。

サッカーやオートレース、競馬などの結果を自分で予想するものはある程度持っている知識や情報に当選確率が左右されるので、これらの自分で予想するものは対象外としています。
(コンピューターが自動で結果を予想するサッカーくじ(BIG)などはOK)

※ナンバーズやロト6などの数字選択式のものは、どの数字を選んでも確率に優劣はないという観点から比較対象として調査しました。

当選確率を重視したネット宝くじのおすすめはコレ!

いくらでも良いから単に当選確率が高いものなら、おそらくジャンボ宝くじの末等(下1ケタ当選)の300円でしょう。

でもまあこんな金額じゃ「宝くじが当たった!」なんて思えないですよね。

ここではある程度「当たった!」と実感がわくであろう100万円~1000万円以下の金額が当たる宝くじの中からおすすめを紹介していきます!

3位 各ジャンボ宝くじ(ジャンボ宝くじミニ)の2等以下(100万円)

当選確率重視のネット宝くじ(ネットで買える宝くじ)のおすすめ第3位はジャンボ宝くじ(ミニを含む)の2等~3等です。
当選金額100万円で、もちろんそれ以上の金額も同時に狙えるのでおすすめです。

100万円が当たる等級はジャンボ宝くじの3等だったり、ジャンボ宝くじミニの2等~4等だったり、回によって該当する等級が様々ですが、当選確率は5万~10万分の1とわりと高めです。

※一部、当選金額が100万円でも確率がもっと低いジャンボ宝くじもあるので注意して下さい。

【参考】2019年のジャンボ宝くじやジャンボ宝くじミニの100万円該当くじの等級と当選確率

  • ドリームジャンボミニ3等:5万分の1
  • サマージャンボミニ2等:5万分の1
  • ハロウィンジャンボミニ:5万分の1
  • バレンタインジャンボ宝くじ3等:10万分の1
  • バレンタインジャンボミニ3等:10万分の1
  • ハロウィンジャンボミニ3等:10万分の1
  • 年末ジャンボミニ2等:10万分の1
  • ドリームジャンボ宝くじ3等:約16.7万分の1
  • 年末ジャンボ宝くじ3等:20万分の1
  • サマージャンボ宝くじ3等:約33.3万分の1

次点としてナンバーズ4は1等当選金の理論値が90万円ですが、結構100万円を超えることが多く当選確率も1万分の1と高確率なので、これもおすすめです。

ナンバーズ4では2020年1月から3月までの61回の抽せん分(第5341回~第5401回)の結果を見ると100万円以上が31回、100万円未満が30回とほぼ50%の確率で100万円以上(期間中最高は約148万円)が当たっています。

2位 ミニロト

当選確率重視のネット宝くじ(ネットで買える宝くじ)のおすすめ第2位はミニロトです。

当選金額は約1000万円(理論値10,046,800円)なのに当選確率は16万9,911分の1とジャンボ宝くじの1000万円クラス(だいたい毎回100万分の1)に比べても高確率です。

毎週火曜日に抽せんしているので時期を問わず購入しやすいですし、1000万円くらい当てたいという場合にはミニロトが一番おすすめです。

1位 DMM百万長者

当選確率重視のネット宝くじ(ネットで買える宝くじ)のおすすめ第1位はDMM百万長者です!

あまり聞き慣れない宝くじかと思いますが、DMM百万長者はオートレースのレース結果を対象にしたネット宝くじで、4096分の1の確率で最大143万円が当たります。

レース結果の予想はコンピュータが自動で行うのでオートレースの知識は全く不要です。

スポンサーリンク

3位、2位と何万、何十万分の一という当選確率だったので、万を切るDMM百万長者の当選確率は魅力的ですね!

DMM百万長者はオートレースという性質上、20才未満の人は購入出来ないので注意が必要です。

また、当選金額は公営競技の払い戻し金に該当して税金がかかりますのでジャンボ宝くじのように全額手に入るわけではありません。

▶国税庁ホームページ(公営競技の払い戻し金について)

購入する為の登録方法などをまとめた下記の記事も合わせてチェックしてみて下さい!

▶DMM百万長者の登録方法はこちらの記事を参考にしてください!

目指せ高額当選!当選金額で比較するネットで購入出来る宝くじのおすすめは?

一度当てたら一生遊んで暮らせるくらいの億万長者になれる、そんな高額当選こそ宝くじの魅力だ!と考えるあなたの為に、ネット宝くじの中で高額当選が可能なものの金額を比較してまとめました。

1位は意外にも最近(2020年)になってから発売開始された宝くじですよ!

第3位 年末ジャンボ宝くじ:1等7億円

当選金額で比較する高額当選ネット宝くじ、第3位は「年末ジャンボ宝くじ」です。

私が学生の頃は3億円だったのですが、2015年以降は1等当選金額が7億円(前後賞は各1.5億円)と高額になっています。

1等の当選確率は2000万分の1で、お米400kgの中の1粒を探すとだいたい同じ確率です。

2020年4月の都道府県の推計人口によると東京都が約1400万人(13,951,636人)、千葉県が約600万人(6,277,545人)なので、合わせて約2,000万人となり東京と千葉に住む人全員が一人1枚購入すると誰か一人が当たるという計算になります。

途方もない数ですが実際に当選者は毎年たくさんいるので夢はありますね。(2020年3月31日時点で未換金の2019年末ジャンボ1等(前後賞含む)が22本あり)

第2位 ロト7:最高10億円(キャリーオーバー時)

当選金額で比較する高額当選ネット宝くじ、第2位は「ロト7」です。

毎週金曜日が抽選日で1等の当選金額は最高で10億円(キャリーオーバー時)、キャリーオーバーなしの時の理論値でも約4億円あります。
※1等が複数いた場合はこれ以下となる可能性があります。

また、当選確率も3位の年末ジャンボの倍くらいの約1,000万分の1(10,295,472分の1)と高めです。

2019年3月~2020年2月までの1年間の10億円の当選本数(口数)は13本(10億円未満は15本)ということで1等の当選者のうち半分近くが10億円もらっていることになりますね。

第1位 メガビッグ(MEGA BIG):最高12億円(キャリーオーバー時)

当選金額で比較する高額当選ネット宝くじ、第1位は「メガビッグ(MEGA BIG)」です。

2020年2月15日に発売開始されたばかりのメガビッグ(MEGA BIG)は、先に発売されているtoto BIGよりもさらに高額当選が狙えるくじになっています。

1等は最高12億円(キャリーオーバー時)で、キャリーオーバーなしの時の理論値でも約7億円と高額です。
※1等が複数いた場合はこれ以下となる可能性があります。

当選確率は約1700万分の1(16,777,216分の)と、年末ジャンボとロト7の間ですね。

ただし2020年4月現在はくじの対象となるサッカーの試合(Jリーグなど)が新型コロナウィルスの影響により中止となっているため、くじも中止となっています。

ところでなんと、このメガビッグ(MEGA BIG)には当選確率を上げる方法があるので、これらの情報も参考にして高額当選をぜひ狙ってみてください!

▶メガビッグ(MEGA BIG)の当選確率を上げる方法についての記事はこちら!

まとめ

全国どこでもインターネットで購入出来る宝くじ「ネット宝くじ」について、当選確率の高いくじと当選金額の高いくじを、それぞれ調べて比較してみました。

当選確率の高いくじ(100万円以上の当選金額)については、

  1. DMM百万長者
  2. ミニロト
  3. ジャンボ宝くじ(ミニ含む)の2~3等

という順番で確率が高くおすすめ出来ます。

当選金額の高い宝くじでは、

  1. MEGA BIG(メガビッグ)
  2. ロト7
  3. 年末ジャンボ宝くじ

これらの1等(キャリーオーバー時の最高額)が高額当選で億万長者も狙えますよ。

DMM百万長者の購入方法(登録方法)や、メガビッグについての詳細や買い方のコツなどは別記事で紹介していますので合わせてチェックしてみて下さい!

▶DMM百万長者の登録方法はこちらの記事を参考にしてください!

▶メガビッグ(MEGA BIG)の当選確率を上げる方法についての記事はこちら!

スポンサーリンク

コメント