仮面ライダーゼロワンの乗るバイクのベース車種は何?カスタム会社や費用も予想!

こんにちはルーキーです!

2019年9月1日に仮面ライダーゼロワンが始まりましたね!

事前に公開されていたゼロワンの乗るバイクですが第二話で遂に出てきました!

あなたは放送を見て、詳しいバイクのベース車種が何なのか気になって調べてこちらのページに辿り着いたのかも知れませんね。

私もパッと見でオフロードタイプとまではわかるのですが、それ以上はわからなかったので仮面ライダーゼロワンの乗るベース車種やカスタムしている会社が一体どこなのか調べてきました。

調べてみるとホンダのCRF450Lが濃厚ということがわかりましたがカスタム会社やカスタム費用についてははっきりとはわからなかったので予想してみましたよ。

それでは、仮面ライダーゼロワンのバイク「ライズホッパー」について、参考にしていって下さい!

スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワンの乗るバイクについて

仮面ライダーといえば「変身」と「バイク」ですよね!

バイク乗らないとそれはもう「ライダー」じゃないので、ただの「仮面」です(^^)

ということで今回の仮面ライダーゼロワンが乗るバイクの名称は「ライズホッパー」です。

主人公の飛電或人が使う携帯電話「ライズフォン」のアプリからライズホッパーを選択すると衛星ゼアからゼロワンの元へ送り届けられます。(結構強引なシーンです…)

第2話でついに登場しましたね!
送り届けられた状態は大きなライズフォン。
スマホからバイクに変形って必要なの?
って思いますがバイクがカッコイイのでまあ良いです。

上の方のツイートわかりやすいですね。

スマホで指示→ゼアからドでかいスマホが送られて来る→バイクに変形…斬新!(^^)

暗闇でも登場するシーンがあるのでしょうか?暗闇に光るゼロワンとバイク…カッコいいです。

こんなかっこいいライズホッパーですがベース車種は何でしょうか?

ベース車種はホンダCRF450 Lが濃厚だけど…

ネット上で調べてみるとホンダCRF450Lが濃厚ということがわかりました。

スポンサーリンク

私は学生時代にビッグスクーターに乗っていたのを最後に20年くらいバイクから遠ざかっていたので、正直言ってこんな差は全く見抜けないです。

なのでネットの情報をまとめて答えを導き出そうと思いますが、みなさん凄い洞察力と知識ですね。

たしかにスイングアーム(後輪と本体を繋げている金属部品)似てますね!
フレームの溶接ラインってのはもう観察力が凄すぎます。

この方も凄い細かいところチェックされていて、本職もバイク関係の方でしょうか。

SNS上での予想も大方はCRF450Lが占めていて、制作者サイドの公式発表はありませんがベース車種はCRF450Lと見ることが出来ますね。

前作の仮面ライダージオウのバイクがCRF250ラリーと予想されていましたが、排気量で上回ってきて今作では本格的なバイクアクションが多めになるのでは、と期待大です!

ゼロワンのバイクをカスタムしている会社とカスタム費用はいくらか予想!

ゼロワンのバイクのベース車種がCRF450Lと判明しましたが、このバイクを「ライズホッパー」へとカスタムしている会社はどこなのでしょうか?

これは2019年9月8日の仮面ライダーゼロワン第二話放送前の時点ではネット上に情報がありませんでした。

ただ第二話のエンドクレジットにヒントがありまして、車両協力の会社名にHONDAともう一つ、クリエイティブ・オフィス・ヤップという社名がありました。

この会社を調べても会社ホームページなど見つからなかったのですが、MFJ SUPERBIKE(全日本ロードレース選手権)のファンサイトを運営している会社ということがわかりました。

サイトの運営をしていてさらにバイクのカスタムもやっているのでしょうか?

ちょっとこれだけの情報では関連がわからないのですが。

エンドクレジットにある以上、クリエイティブ・オフィス・ヤップがCRF450Lをライズホッパーにカスタムしている会社と見ることができます。

詳しいことが分かり次第更新していきますね。

ゼロワンのバイクのカスタムの費用についても探してみましたが目ぼしい情報はありませんでした。

予想してみますがカスタム費の総額だけで100万円以上はかかると思います。

まず一般的なバイクの塗装だけでもパーツ毎に分解する手間やそれぞれの素材に合わせた塗装、それに下処理が必要となるのでゼロワンの黒と黄色の2色構成でも数十万くらいはかかると思います。

さらに外装パーツは特注で作っているものでしょうから、それだけでも100万円近くするかも知れません。

ゼロワンのバイクを真似するとしたらいくらかかる?

ちなみにベース車種のCRF450L自体のお値段は1,296,000円(消費税8%込)です。

ベースのバイク代とカスタム代を合わせると200万円を軽く超えることになります!

ベース車提供のホンダにとっては広告費と考えられるかも知れませんがなかなか個人でマネしようと思ってもちょっと難しい金額ですね~。

クラスを落としてCRF250シリーズで塗装だけ近づけるとかならありかも!

まとめ

仮面ライダーゼロワンの乗るバイク「ライズホッパー」について、ベース車種は何なのか?

カスタムをしている会社やその費用はいくら位なのか調べてみました。

調査の結果

  • ベース車種はホンダのCRF450L(予想)
  • カスタム会社は番組クレジットから、おそらくクリエイティブ・オフィス・ヤップ
  • カスタム費用は100万円以上(予想)

ということがわかりました。

ベース車種のCRF450Lの本体費がおよそ129万円、さらにカスタム費用に100万円以上をかけて制作していることになります。

さすが仮面ライダーというか凄い金額ですね。

カスタムについて、会社についてや費用などもっと詳しい情報がわかりましたら更新していきますので、よろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント