2019年ウィンブルドンの日本時間・日程まとめ!男女別ドロー・組み合わせを一覧で紹介

こんにちはルーキーです!

今年もウィンブルドンが始まりますね!
私が学生時代には松岡修造さんや伊達公子さん、杉山愛さんが活躍しており、よく夜中にテレビで見たりしていたのを覚えていますが今はまた錦織圭選手に大阪なおみ選手と物凄い活躍ぶりですよね!

大阪なおみ選手、世界ランク1位陥落してしまいましたが芝のウィンブルドンでは巻き返せますでしょうかね!

ウィンブルドン(全英オープン)での二人の活躍は楽しみですがところで2019年は日本時間でどんな日程で男女の種目別ドローはそれぞれどんな組み合わせになっているのか、あなたも気になっていますよね?

私も気になっていて、そして2019年はブログも書き始めたので調べて記事にすることにしました!

ウィンブルドン(全英オープン)の日程はかつては6月最終週頃でしたが、ここ数年は7月第一週から始まっており、2019年も7月1日からの2週間となります。

ドロー表については発表次第、更新していきますのでこちらをチェックしながらウィンブルドンを楽しみましょう!

錦織圭選手や大阪なおみ選手の記事など2019年ウィンブルドン(全英オープン)大会関連記事を書いていますので、こちらもぜひチェックしてみて下さい!
・2019年ウィンブルドンで錦織圭の対戦相手や試合時間は?テレビ放送日程やネット配信視聴方法も
・2019年ウィンブルドンで大阪なおみの対戦相手や試合時間は?テレビ放送日程やネット配信視聴方法も

スポンサーリンク

ウィンブルドンは日本時間とどれくらいの時差がある?

イギリスのロンドンにあるウィンブルドンとの時差ですが、日本時間の方が8時間進んでいます。
なので例えばウィンブルドンで午後14時に試合が行われる場合、日本時間では午後22時ということになります。

試合の開始時間は大体現地時間の午前11時頃や午後13時から(決勝は14時から)なので、朝型の生活をしている方でもちょっとの寝不足程度で生中継を見ることが出来ますね。

私は夜勤の夜型生活なので仕事さえ無ければ見ることが出来ます♪
仕事さえ無ければ(^_^;)

2019年ウィンブルドンの放送予定は別記事で紹介しますので更新次第お知らせします!

2019年ウィンブルドン大会の男女、種目別の全日程

2019年のウィンブルドン大会の本線は7月1日(月)~7月14日(日)までの予定です。
ちなみに予選は例年本戦の前週に行われています。

本戦の主な試合日程は下記の表の通りです。

日程メイン混合、ジュニア
2019年7月1日(月)
男子、女子シングルス1回戦
2019年7月2日(火) 男子、女子シングルス1回戦
2019年7月3日(水) 男子、女子シングルス2回戦
男子、女子ダブルス1回戦
2019年7月4日(木) 男子、女子シングルス2回戦
男子、女子ダブルス1回戦
2019年7月5日(金) 男子、女子シングルス3回戦
男子、女子ダブルス2回戦
2019年7月6日(土) 男子、女子シングルス3回戦
男子、女子ダブルス2回戦
混合ダブルス1回戦
2019年7月7日(日) 休息日(原則試合は行いません)
2019年7月8日(月) 男子、女子シングルス4回戦
男子、女子ダブルス3回戦
混合ダブルス1回戦
ジュニアシングル男子、女子1回戦
2019年7月9日(火) 女子シングルス準々決勝
男子、女子ダブルス準々決勝
混合ダブルス2回戦
ジュニアシングル男子、女子1回戦
ジュニアダブルス男子、女子1回戦
2019年7月10日(水) 男子シングルス準々決勝
女子ダブルス準決勝
混合ダブルス3回戦
ジュニアシングル男子、女子2回戦
ジュニアダブルス男子、女子1回戦
2019年7月11日(木) 女子シングルス準決勝
男子ダブルス準決勝
ジュニアシングル男子、女子3回戦
ジュニアダブルス男子、女子2回戦
2019年7月12日(金) 男子シングルス準決勝
男子ダブルス準決勝
混合ダブルス準決勝
ジュニアシングル男子、女子準決勝
ジュニアダブルス男子、女子準々決勝
2019年7月13日(土) 女子シングルス決勝
男子ダブルス決勝
女子ダブルス決勝
ジュニアシングル女子決勝
ジュニアダブルス男子、女子準決勝
2019年7月14日(日) 男子シングルス決勝
混合ダブルス決勝
ジュニアシングル男子決勝
ジュニアダブルス男子、女子決勝

各試合はウィンブルドンにあるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで行われます。

センターコートやNo,1コートなど19あるコートのどこで試合をやるか?や開始時間などの詳細は前日の夜に状況を判断して決められます。

2019年ウィンブルドン大会の男女、種目別ドロー・組み合わせ一覧

2019年ウィンブルドン大会で行われる種目とドローの規模

2019年のウィンブルドン大会ではメイン(5種目)の他、ジュニア(4種目)、車椅子(6種目)、招待試合(3種目)の合計18種目が行われます。
ちなみに前年まで招待試合に組み込まれていたクアード(四肢麻痺)は車椅子部門になりました。

招待試合とは、かつてのトッププレーヤー達を招いて行われるもので、2018年には杉山愛さんが招待されてダブルスでプレーされていました。

こうした往年の名プレーヤーのプレーを見られるって嬉しいですよね。

各部門の種目とドロー数の詳細は下記の通りです。

スポンサーリンク

メイン5種目

  • シングルス(男子・女子)…ドロー128
  • ダブルス(男子・女子)…ドロー64
  • 混合ダブルス…ドロー48

ジュニア4種目

  • シングルス(男子・女子)…ドロー48
  • ダブルス(男子・女子)…ドロー32

車椅子6種目

  • シングルス(男子・女子)
  • ダブルス(男子・女子)
  • クアードシングルス
  • クアードダブルス

招待試合3種目

  • 男子シニアダブルス
  • ダブルス(男子・女子)

2019年ウィンブルドン大会のメイン種目のドロー表

2019年ウィンブルドン大会のドローは本戦の前週に行われる予選が終わってから発表なので本戦開始の直前に発表されます。

メイン種目のドロー表を作成したので下記のリンク先からご確認下さい。
また、試合結果も随時反映させていきますのでお楽しみに!
(※現在は男女シングルスのみです。その他は発表され次第作成します。)

2019年ウィンブルドン男子シングルスのドロー
※リンク先の画像を「右クリックで画像を新しいタブで開く」と拡大できます。

2019年ウィンブルドン女子シングルスのドロー
※リンク先の画像を「右クリックで画像を新しいタブで開く」と拡大できます。

2019年ウィンブルドン男子ダブルスのドロー

2019年ウィンブルドン女子ダブルスのドロー

まとめ

2019年ウィンブルドン大会の日程は7月1日(月)~7月14日(日)までの14日間です。

日本時間ですがウィンブルドンは日本との時差が8時間あり、日本の方が進んでいます。
決勝は大体ウィンブルドンで14時開始なので、日本では22時に始まるということですね。

種目はメイン5種目、ジュニア4種目、車椅子6種目、招待試合3種目の合計18種目が行われます。

錦織圭選手の入る山はどこなのか?
ジョコビッチとはいつあたるのか?
大阪なおみ選手にライバルは現れるのか?
などなど、色々と楽しみですね!

各種目のドローは直前に発表される予定ですので、随時更新していきます。

※6月30日現在、男女シングルスはドローが出ています。その他は随時更新していきます。

7月の2週間、ウィンブルドン大会をあなたも楽しんで下さい!

錦織圭選手や大阪なおみ選手の記事など2019年ウィンブルドン(全英オープン)大会関連記事を書いていますので、こちらもぜひチェックしてみて下さい!
・2019年ウィンブルドンで錦織圭の対戦相手や試合時間は?テレビ放送日程やネット配信視聴方法も
・2019年ウィンブルドンで大阪なおみの対戦相手や試合時間は?テレビ放送日程やネット配信視聴方法も

スポンサーリンク

コメント