【新店舗】相模原で深夜にラーメン!「ずんどう屋」を実食レポート

こんばんは!

深夜にどうしてもラーメンを食べたくなることってありますよね。

私は仕事が深夜に終わるので夕食を食べても家に帰るまでにお腹がすいてどうしても我慢できなくなってしまうことがあります。

そんな時に深夜にやってるラーメン屋は非常に魅力的です。

ということで今回は2019年2月に相模原は鵜野森にオープンした「ずんどう屋」で姫路系背脂豚骨ラーメンを食べてみましたのでレポートをお送りします!

結論から言うとずんどう屋は家系の豚骨醤油に慣れた私にとってはそれほど印象には残りませんでした。

ただ、あることをすると替え玉一杯無料になったり、お得で面白い所もあります。

それでは深夜ラーメン大好き!わたくしジーコのレポートをどうぞご覧あれ。

スポンサーリンク

ずんどう屋の場所や店内の様子、メニューやサービスについて

ずんどう屋とは

ずんどう屋は2002年にオーナーの橋本さんという方が脱サラして姫路にオープンさせたラーメン屋です。

脱サラのきっかけはテレビで神奈川の名店、中村屋の特集を見て感動したからだそうですが、中村屋が藤沢街道にある頃から知る私としては親近感が湧いちゃいますね。

関西に40店舗以上チェーン展開しており、関東にも新宿、目黒と出店しています。

そして今回、神奈川初出店ということで相模原は鵜野森にやってきました。

場所や駐車場、店内の様子について

場所は相模原市鵜野森、横浜方面に向かう16号線沿い、天丼の「てんや」のあった所です。

ずんどう屋の店舗外観

隣の鈴木ラーメン店が閉店したので、そこに入ればコスト抑えられたんじゃないかと思いますが40店舗を超える大規模チェーン店のお店にはそのくらいは関係無いんでしょうか。

営業時間は深夜1時まで、駐車場は20台とめられます。

店内はテーブル8卓、カウンター12席で、私が行った深夜1時前にはお客さん2名でしたが、夕食時にはファミリー客も居たりで結構混んでいるのを見かけるので繁盛しているのでしょうね。

不思議なのはその店員の多さです。

深夜0時を過ぎているのにキッチンに4名、ホールに2名のスタッフがいました。

接客に力を入れているのか判りませんが、始終スタッフさんの視線を感じて全然落ち着きません。

メニューとサービス内容について

メニューは基本のラーメンに各種トッピングを選ぶという形。麺が細麺、ちぢれ麺から選べる他に背脂の量が「あっさり」から「まみれ」まで選べます。

スポンサーリンク

ご飯ものや一品ものも各種あり色々選択肢があって美味しそうですね。

ずんどう屋のごはんもの、一品ものメニュー

このずんどう屋には変わったサービスがありまして、麺を箸で持ち上げた写真をSNSに投稿すると替え玉が無料になるということをやっています。

なかなか今どきなキャンペーンやっていますね~。

ハッシュタグ?私そんなの知りませんよ。

そっこーでやり方を調べて迷わず参加。おかわり頂きます!

ずんどう屋、SNSに投稿して替え玉1杯無料キャンペーン

実際に食べてみての感想

今回は基本の元味ラーメンを細麺で背脂を「まみれ」で食べてみました。

画像からはわかりにくいのですが、凄い背脂の量でスープの上に油の膜が1センチくらいありそうです。

具はチャーシュー2枚とノリ、刻みネギ。

790円はこの辺りのデフォルトのラーメンの値段としてはやや高めでしょうか。

類似のチェーン店の横浜家と比較すると横浜家の方が60円くらい安くて卵ものっていますね。

姫路発祥の背脂濃厚豚骨ということですが、味はまあよくある豚骨醤油と大差ありません。

自分の責任ですが背脂を「まみれ」にしたことで後半もたれてきてスープを飲み干せませんでした。

豚骨醤油の細麺であれば相模原には長浜ラーメンがあります。

私の感想としては長浜には味も値段も勝てないかなーといった感じでした。

関西の有名チェーンとのことだったので期待していたのですが、ちょっとがっかりしました。

ただ、火の鶏つけ麺などまだ関西にしか無いメニューもあるので、それらを扱い始めたらまた食べてみたいですね!

まとめ

ずんどう屋は16号線の相模原市鵜野森にあり深夜1時まで営業しています。

店員さんが多く、若干視線が気になりますが、SNS投稿で替え玉無料キャンペーンなどユニークなこともやっています。

味は背脂を多めにした普通の豚骨醤油で、けっして不味いわけではありませんが家系や豚骨醤油ラーメンの多い神奈川県民の私からしたら「普通」と思ってしまいました。

5段階評価ではこんな感じです。

味:    ★★★☆☆
コスパ:  ★★☆☆☆
接客:   ★★☆☆☆

関西の店舗限定の人気メニューもあるようなので、そのラーメンを出す時にはもう一度行ってみるかも知れません。

以上、ずんどう屋の実食レポートでした。

スポンサーリンク

コメント