こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュを使ってみた感想!メリットやデメリットをレビュー

あなたは子供向けの英語教材を選ぶ時にどうしていますか?

このページにたどり着いたということは、こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュを実際使ってみた感じがどうなのか知りたいと思ったのかも知れませんね。

私も子供の英語教材はどんなものが良いのか悩んだ経験があります。

悩んで色々探した末に「こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュ」にしました。

結論としては遊び感覚で楽しそうに継続して取り組んでくれたり、使っているうちにネイティブっぽい発音で真似をし始めたりと最初の英語教材として正解だったと思います。

一方で教材のボリューム感や兄弟姉妹がいる場合には若干検討の余地があるかと感じました。

私が悩んでいた時にも実際に使っている人のレビューがあれば良かったなという思いがあったので、今回こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュを使ったメリット、デメリットを紹介していきます。

これから教材を選ぶあなたの参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

教材の概要、料金

こどもちゃれんじイングリッシュは年齢別に2ヶ月に1度教材が送られてくるしくみで1才から、ぷち、ぽけっと、ほっぷ、すてっぷ、じゃんぷと年齢ごとにコースの名称が変わっていきます。

今回実践したこどもちゃれんじすてっぷイングリッシュの料金は1回あたり4,104円(税込み)で、こどもちゃれんじの会員だと1回あたり3,412円(税込み)とお得に利用出来ますよ。

私もこどもちゃれんじ会員だったので割引価格で利用しました。

こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュの教材を実践している娘の様子

こどもちゃれんじすてっぷEnglishを始めた理由

まず英語は小学校3年生から授業が始まるし、これからも社会で必要とされ続けるスキルだと思っていたので何かしらの方法で小さいうちから習わせてあげたいと思っていました。

そして特にこどもちゃれんじイングリッシュを選んだ理由は、英会話教室に通わせるよりも安くてDVDなどの教材から毎日でも英語の発音などを耳にすることが出来る点が選んだポイントですね。

ちなみに私の奥さんは自分が英語を喋れないので、子供に習わせて海外旅行時に通訳してもらいたいなどと言っていました。

子供を何だと思っているんでしょうね。

それに海外旅行に行くお金はいったいどこから…。

実際に使ってみた感想をメリット、デメリットごとにご紹介

メリット

使ってみて良かった点ですが、まず第一に子供が楽しそうに教材で遊んでくれている所です。

面白くないと、この年ではすぐに嫌がってやらなくなってしまいます。

なのでまず興味をひく楽しさがあることは何より大事だなと思いました。

そして色々とまねをしてネイティブっぽく発音するようになる点も良かったです。

スポンサーリンク

色や果物などの単語を発音するオモチャやDVDの英単語クイズで遊んでいるうちに、英単語の発音をネイティブっぽく発音するようになってきたのですが最初聞いた時は驚きました。

私らの時代は中学から英語を習い始めて、その頃だとなんだか恥ずかしさもあってみんなカタカナ英語が普通になっていましたから…。

でも4才から始めるとネイティブっぽく発音するのが普通になるのかなと思います。

デメリット

デメリットとしては、2ヶ月に1回教材が届くスタイルだと2ヶ月目には飽きてあまりやらなくなっている点です。

もう少し教材のボリュームを増やして毎月1回届けてもらえると学ぶ機会が増えてより良いかと思いました。

そして兄弟姉妹がいる場合に、上の子が使った教材を使い回すのが難しい点です。

DVDなどは問題ありませんが、本はボロボロになってきますし、シールなども複数回使えるものではありません。

解決策としては下の子用にも教材を購入してあげることが考えられますが、ほぼ本だけの為になんだかもったいないです。

なのでもっと使い回せる本や再購入の割引などがあると良いのですが、この辺は改善要望ですね。

まとめ

今回は、こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュの教材を実際に使ってみてレビューしました。

約1年間、実践してみた結果

  • 英会話教室よりも安い
  • 子供が興味を持って楽しそうに遊ぶ
  • 真似して遊んでいるうちにネイティブっぽい発音になる

上記の点から役に立つ良い教材だと思いました。

一方で一つの教材を2ヶ月使うにはボリューム不足を感じて飽きてしまうようでした。

そして二人目以降の子供に利用する際は上の子の教材、特に本がボロボロになる為に教材まるごと買い直してあげる必要が出てきます。

その際のコストを受け入れるかどうするのかという点が検討課題として挙げられます。

スポンサーリンク

コメント