へんしんバイクの乗り方を実践しつつレポート

子供が自転車に乗れるよう練習する時あなたはどんな自転車を選んでいますか?

補助輪付きの自転車、ストライダー(ペダル無し自転車)、最近ではへんしんバイクというペダルを付けたり外したりすることが出来るという特徴をもつ自転車も人気が出てきています。

人気の理由はわずか30分で補助輪なしの自転車に乗れるようになる!という謳い文句ですが、はたして我が家の娘には通用するのかどうか…気になったのです。

そこで今回は私が娘とへんしんバイクの乗り方を実践してきたレポートをご報告いたします。

へんしんバイクの特徴を実際に子供に乗ってもらってレポートしてみました!

まずは乗り方を一緒に練習

今回へんしんバイクで自転車の乗り方を練習する娘は4歳半です。

今まで幼稚園で3輪車に乗るくらいしか経験はありません。

へんしんバイクの特徴は、まずペダルなしの自転車でバランス感覚を身につけ、そのまま慣れ親しんだ自転車にペダルをつけることで抵抗感なく乗れるようになるという点です。

恐がりなのでヘルメットとサポーターを付けてあげて練習開始。

ペダルなしでの練習

「サドルにまたがって足で蹴るんだよ」などと乗り方を言葉で説明してもなかなか理解出来る年でもないので遊び気分で教えます。

私が数メートル前で逃げるフリをしてあげると、楽しそうにペダルなしのへんしんバイクを使って追いかけてきます。

その調子その調子♪

ペダルなしでの曲がる練習はバランス感覚が身につくまで1日20分~30分を延べ4日間実践しました。

一回の蹴りである程度進める距離が延びてきて曲がる時もスムーズになってきたらバランス感覚OKかなって感じです!

ペダルをつけての自転車デビュー!

ペダルなしのへんしんバイクでバランス感覚が身についてきたら次はいよいよペダルを付けて自転車デビュー!

ちなみにペダルの取り付けはネット動画などもあり自分でも出来るようですが私には難しそうだったのと安全面も考え自転車屋さんでやってもらうことにしました。

私がへんしんバイクを購入したイトーヨーカ堂では1回は取り付け無料でしたよ!

無事にペダルが着いて、よし実践だ!

ということで「さあもう乗れるはずだからペダルこいで進んでみな~」といっても当然なかなか出来ません。

娘はペダルを何度も反対に回して位置を調整しており一向に進む気配がありませんでした。

様子を見るに私はこれはきっと、こぎ出す時の力の使い方が苦手なんだなと思い、軽い下り坂で後ろを持ってスタートさせてみました。

これが良かったようで楽しそうにへんしんバイクで走って行きます!

 

ほんの2、3回で私が手を離しても乗れるようになってしまいました。

娘がへんしんバイクに乗れた様子

へんしんバイクをこれから始める方へのアドバイス

必ずプロテクター、ヘルメットを付けて練習すること

言うまでもなくヘルメットは絶対必要です。

今の所、我が娘は頭をぶつけるような転び方などはしていませんが練習中は親からみて問題無さそうな所でも不意に転んでしまうことがありました。

そこに石やとがった木の枝などがあったら・・・と思うとゾッとしますよね。

スポンサーリンク

肘や膝のプロテクターは動かしづらくなるのか最初は付けるのを嫌がっていましたが練習を始めて転んでからは変わりました。


今では私が今日はプロテクターまでは付けなくて良いかなーと思うような時にも催促されます。

子供の安全の為に、ヘルメットとプロテクターを付けることを習慣にしましょう。

ペダルなしでまずは沢山練習してみること

実践してみて気づいた点ですが、補助輪なしの自転車に確かにすぐに乗れはしたのですが曲がったりする時にちょいちょい転んだり足を着いたりしてしまっていました。

あまり転ぶのでペダルなしに戻して練習しよう、と言っても娘に泣いて嫌がられて戻せません。

なので私としてはもっとペダルなしの時に練習しておけば良かったかなあと思いました。

ペダルなしの方がバランスを崩してもすぐに足をつけるので子供の恐怖心が少なく曲がる練習などバランス感覚が鍛えられますからね。

ですのでこれから始める方へのアドバイスとして、
私はペダルなしのへんしんバイクでいっぱい曲がる練習をしてあげることをおすすめします。

恐怖心を持たせない練習方法にすること

転んで痛い思いをするなどして恐怖心が付いてしまうと体がこわばってなかなか動けなくなってしまいます。

転んでも痛く無いようプロテクターやヘルメットを付けてあげたり、ペダルなしの練習時には鬼ごっこのようにして、へんしんバイクをあまり意識させないようにしてあげたり、ペダルを付けて自転車デビューする時にはこぎ出しのフラつきを後ろから支えてあげたり、走りやすい下り坂で練習したり。

その時その時で子供が恐怖心を持ちそうな所を支えてあげる工夫が出来ると良いですね。

まとめ

実践した結果、へんしんバイクは30分とまではいかないものの、ペダル無しで4日間、ペダルありで1日の練習で自転車に乗れてしまう優れものでした。

これなら補助輪付き自転車よりも早くバランス感覚を身につけ、ストライダーと自転車を両方購入するりも安価に出来るので人気の理由もうなづけます。

これからへんしんバイクを始める方は

  • ヘルメット、プロテクターなどの安全対策を怠らない
  • ペダルなしの時にたくさん練習する
  • 子供が恐怖心を持たないよう工夫する

という点が上達のコツだと思いました。

以上、へんしんバイクの実践レポートでした!

スポンサーリンク

コメント